G1レポート 阪神ジュベナイルフィリーズ 其の参

遅くなりましたが、昨日のレポート其の弐の続きを(*_ _)

⑫レッドアネモス 5番人気予想


ドアップ~♪

血統

父   ヴィクトワールピサ(Tサンデー系)

母父  サクラバクシンオー(日本型プリンスリーギフト系)

父母父 欧州型ミスプロ系

母母父 欧州型リファール系

父ヴィクトワールピサの産駒の好走レンジは

芝1400m~2400mでございますな。

このようなタイプのサンデー系種牡馬と、

短距離に強い母父という組み合わせは、

このレースの好走配合でございまする。

また、ヴィクトワールピサ産駒の当コース成績は

複勝率がおよそ35%となかなかのもの。

叔父にアグネスアーク(天皇賞秋2着)がおります牝系で、

格と申しますかスケールとしては、まずまずと言ったところ。

ではありましょうか。

2013年に3着に入線したフォーエヴァーモア。

この馬の父は、ヴィクトワールピサの父であります

ネオユニヴァースでございましたな。

そして母父は短距離馬の米国型ミスプロ系。

フォーエヴァーモアも、前走サフラン賞を勝っての

当レース参戦であった事を思いますれば、

なにやら因縁めいたものも感じるのでございます。

血統面においては、特に嫌う要素は見当たりませぬ。

実績

先行馬ゆえに速い上りタイムとは無縁でございますな。

近5年では、

前走で逃げ又は2番手から競馬していた馬で、

馬券になったのは・・・

レーヌミノルとメジャーエンブレムのみ。

そしてどちらも既に重賞で連対経験がありましたな。

アルテミスステークスがG3昇格後に、

前走が500万クラスだった馬で馬券になったのは、

全て前走で1番人気で1着であった馬・・・

この馬は、前走4番人気でございましたなぁ・・・

あって3着に粘り込み。

と言うのが拙者のジャッジでございまする。

その他の馬のジャッジにつきましては、

当日13時頃に公開を予定致しております

「EZ☆WINフル予想」

にてお披露目いたしとうございます。

どうぞお見逃しのございませぬよう。

それでは、明日のダート戦予想がございますれば

拙者はこの辺でご無礼を(*_ _)御免!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク