阪神 芝1800m コースガイド

 

表は、枠順と脚質による複勝率(3着以内率)と複勝回収率(回収額)

コースの特性

表の通り、ほぼフラットなコース。

スタートから、最初のコーナー(3コーナー)まで

約660mと長い為、枠順の有利不利は特になく、

枠順よりも能力と上り3Fの速さ重視でいいと思います。

未勝利・500万と言った下級条件では、

先行力も重要になりますが、クラスが上がる程

ラスト3Fの切れ味が重要になります。

特に重賞では、先行馬よりも差し・追込み脚質が強く、

近3走以内に「上り3F順位5位以上」という実績は欲しいところ。

血統傾向

サンデー系が圧倒的。

中でも、Tサンデー系・ディープ系が良く走ります。

ミスプロ系は、キングマンボ系が中心。

その他のミスプロ系では、

たまにフォーティーナイナー系が混じる程度。

ノーザンダンサー系は、ほぼ「ハービンジャー」一色。

上記の①~③が、16年・17年の秋開催で行われた

全29レースの3着以内馬87頭のうち「67頭」を占めます。

お金になる血統

①1ケタ馬番のキングマンボ系

②アイルハヴアナザー産駒

騎手

騎手では、小牧騎手複勝回収率160%
3連馬券には入れておきたい存在です。

あと、殆どが上位人気馬なので妙味はありませんが・・・

ルメール・川田・福永騎手は、複勝率が5割付近。

ベタ買いデータ

その1

条件① ビッグレットファーム生産馬

条件② 前走で5番人気以下

この条件を満たすと

複勝率37% 複勝回収率190%

その2

条件① 福永騎手が騎乗

条件② 下級条件戦(未勝利・500万)

条件③ 前走の4角通過順位4番手以内(先行してた馬)

条件④ 前走で3番人気以下

以上の条件を満たすと

複勝率51% 複勝回収率166%

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク