重賞レポート G3愛知杯 血統注目馬

今週の土曜重賞は、牝馬限定のハンデ重賞G3愛知杯。冬毛が伸びやすい牝馬限定戦で、なおかつハンデ戦。毎年のように冬場に強い軽ハンデ馬が人気薄で激走し、2013年は二桁人気馬3頭が馬券圏内独占し、3連単は470万馬券。まともな予想手法では、全く取れる気がしないレースですが、爆穴的中に最善を尽くして参ります。

京都11R すばるS ダート1400m

土曜日のメインレースは、京都11Rすばるステークスを取り上げてみたいと思いまする。舞台は京都ダート1400m。血統傾向と、前走の脚質傾向に明確なパターンが出ているコースでございます。EZ☆WINの1位評価が2頭同点となりました。はたして1位評価2頭で決まるのでしょうか?

土曜日のダート新馬戦 注目血統穴馬

血統で狙えば穴馬が拾えるのが「ダートの新馬戦」。走る筈の無い血統馬が、前評判・好調教・上位騎手と言うだけで人気を吸ってくれまする。つまり血統馬券が儲かる大チャンス。本日のお題は「土曜京都4R」。拙者が狙いたいのは・・・

G2日経新春杯 EZ☆WIN予想 なんだかとっても当たる気がするぞい( `ー´)ノ

本日の重賞「G2日経新春杯」を血統傾向とラップパターンを中心に予想して参ります。例年、比較的おだやかな決着で面白みに欠けるハンデ重賞でございますが、昨日のフェアリーSは例年とは違い大波乱とはならずに上位人気決着。ならばこっちが荒れる?(゜_゜)的なスタイルで結論を導き出したく存じまする。

EZ☆WIN予想 G3フェアリーS

土曜の重賞は3歳牝馬限定のG3フェアリーS。舞台は中山1600m外回りコース。キャリアが浅い馬ばかりで、非常に予想難易度の高いレースでございますが、血統・前走内容・レースの傾向などを織り込み、外厩情報も加味して的中につなげたいと思いまする。御用とお急ぎでないお方は、しばしお付き合い下さいませ(*_ _)

G3シンザン記念 予想

明け3歳馬の重賞という事で、下位人気馬が穴をあける傾向の強いレース。昨年はアーモンドアイを切り飛ばして惨敗いたしました( ;∀;)近年は前走重賞凡走組が伏兵人気で馬券に絡み、前走千両賞掲示板組が穴をあける構図が目立ちますな。今年はどうなるか?早速予想を進めて参りましょう。

重賞レポート G3京都金杯 

2019年京都で開催される最初の重賞G3京都金杯(芝1600m外回りコース)。新年を気分良く迎え、「金杯で乾杯」と出来ますよう、過去のレース傾向、血統適性、その他「お金になるコースデータ」から、全力で分析にあたりたく存じまする。まずは出走登録馬とその予想人気、そして上位人気に支持されそうな馬達のポジティブデータ・ネガティブデータを織り交ぜた「信頼性」の分析を致して参りまする。また、有力な穴馬候補を炙り出して参りますれば、御用とおいそぎでない方は、しばしお付き合いをお願い致しまする(*_ _)

G1レポート ホープフルS 其の壱 中山向きの馬は?

今週金曜に開催されるG1ホープフルS。キャリアの浅い2歳馬のG1という事と、中山開催のG2として開催されるようになって今年でまだ5年目。G1昇格は昨年でございますれば、G1レースとしてのデータは1年分しかございませぬ。ここはコースに強い血統、近親に中山巧者ご居るようなタイプを中心視すべく、分析を進めて参りまする。初日の今回は上位人気が予想される3頭の分析を進めて参ります。

2018有馬記念を振り返って

2018有馬記念。平成最後のグランプリを勝ったのは、池添謙一殿&ブラストワンピース。カタカナ騎手のG1連チャンモードに見事にピリオドを打ちました。ダービー・菊花賞と、悔しい思いをしてきただけに、この馬で有馬を勝てたことは、本当に嬉しかった事と存じまする。池添殿、おめでとうございます!!

EZ☆WIN予想 G1有馬記念 絶対獲る!!

平成最後のグランプリレース有馬記念を徹底的に、そして超本気モード全開で予想して参ります。予想の根幹はラップ理論と血統・調教の3本柱で、川田&キセキが生み出す特異なラップパターンに対応出来る馬が大本線でございます。これを読まずに馬券を買ってはなりませぬ。

スポンサーリンク